2009年12月29日

ルカルカ★ナイトフィーバー

やっとトンちゃん家から自宅に帰りました(^ω^)皆は25日に帰ったんだけどいかんせん、近所過ぎるもんで帰るのが面倒くさくなり25日も泊まってました(*'ω'*)えみりおと一緒にwまーそしたら寂しさ爆発ですよ。あんだけの人数と一緒にいていきなり1人になるのはしょんぼりですわ(´^`)えみりおと「ちょwwなにこの喪失感wwさみしいww」とちょっぴり孤独なう(笑)トンとえみりおは、普段から一緒にいるってのもそうですが演技の話を思いっきり言い合えるのが1番良い。互いに良いとこや直すべきとこを言えるので、演技の会話自体が楽しい!なのに舞台でもアフレコでもなかなか絡まないというこの気持ちスクランブルwwwww来年もなー一緒にやってきたいなー…それは今いるメンバー全員に言えることなんですがね…うん…これ以上あんまり環境をコロコロ変えたくないなぁって(;>д将来、どんな形であれこの業界で仕事することが小さい頃からの夢なので、やっぱり叶えたいよね(^ω^)だから今は全力で学ぶ!好きなことを勉強しているんだからちゃんと吸収して生かしたい。…ってことをね。多分、年のまとめにも言うんだろうからww*****冬コミのサークルチェックしたよっよ!余裕で1万越えそうになって涙出た(T∇T)私、2日目も参加してカウントダウン行って、実家帰りにお土産とか買って………確実に実家帰ったと同時に破産してるwwwwでも買わないと後に後悔するから後悔するくらいならその時に欲しいものは買う。これが悲しいほどに我が道をいく私のポリシーなんですよね(笑)一生こんなんか私(^ω^)wwそんなこんなで(?)当日お会いする方々は宜しくお願いします!既にニヨニヨが止まらないよw明日か明後日、仕事終わったネイルどうにかしよう。あと部屋掃除をして、絵描いて…アレティエともこたん(東方)を今年最後の絵に出来たらな…!帰るまでには描きあげるぞ!なんでタイトルが「ルカルカ★ナイトフィーバー」なのかって?今、無限リピート中だからだよ(^ω^)トンちゃん家から帰る時に橋渡りながら全開で歌ってたんだが…私、まだまだ出し惜しんでるんだろうか…声…って思った。よくわかんないけど。とにかくトレモロ!!!!この癖を取り除きたいぃぃぃぃぃぃぃ。.・(o´□`)o・.。おやすも!b
posted by kmenefpjmh at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

恋人

そう言えば僕に彼女ができた。出会いは本屋。デクノボウが森見登美彦の小説を手に取ろうとすると反対方向から別の手が伸びてきた。見上げると竹の様に細く、長い女性であった。「アナタも森見登美彦っすか?」とデクノボウは声をかけた。一昔前の自分ならまず見知らぬ女性に声をかけるなんて事はなかっただろう。これもひとえに一人旅で身に付けた積極性の賜物だ。これをキッカケに2人は森見登美彦談議で盛り上がった。そしてメルアドを交換しそのあとも連絡を取り合い、なんやかんやで付き合うことになった。めでたく恋人同士になった2人だが、カップルらしく繁華街へ出かけたり、遊園地へ行ったりということはなく、デートスポットは専らデクノボウの部屋だった。家に訪問した者は知っての通り、デクノボウの部屋には書籍を約600冊収容できる大型本棚、通称デクノライブラリーがある。読書家の彼女はこの空間が落ち着くとのことらしい。基本属性が似ている2人は外界を嫌う。超インドア派カップルである。彼女は森見登美彦を愛読しているせいか竹のウンチクを連発してくる。出会ったばかりの頃は竹の話が会話の大半を占め、デクノボウは(おや?ちょっと変人っぽいぞ?)と思ったりしたが そう言えば俺も変人だなあとも思い、黙って聞いていた。あと、森見登美彦のスケジュールに異様に詳しかった。そこは素直にキモイなあと思った。彼女と付き合って一週間たつ。でもなんかもう飽きちゃったなあ。もともと彼女とはデクノボウが来週に迫る簿記の試験の不安から目を逸らすためのほんの火遊びである。そろそろ勉強しなければならない。そう思ったデクノボウは部屋に転がっている彼女をつまみ上げ、そのまま彼女をデクノライブラリーへ押し込んだ。まあ、ということで彼女の名は「美女と竹林」。本である。森見登美彦 作。序文でびっくりした人は安心してほしい。デクノボウは誰のものでもない。みんなのデクノボウだ。生涯孤独。ひとりぼっちの人生。今のところ、デクノボウの人生に恋愛という概念が滑り込む余地はどこにもない。よく探してみてもどこにもない。木の根草の根分けてもドコニモナイ。俺の人生は俺だけのものだ。
posted by kmenefpjmh at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

主人から働けと言われました!

コピペ!私は、45歳(専業主婦) 主人は49歳会社員 子供は高校1年生・中学1年生・小学4年生です。 4年程前、主人の会社の女性Aサンが結婚しました。 てっきりAサンは、会社を辞めると思っていたんですが、そのまま働いていると主人から聞きました。驚きました。 正直可愛そうな人なんだなと、そして最近主人が「Aサン車買うんだって 新型プリ○スいいなぁ〜」とビックリしました。よく聞いてみると最近Aサンはご主人と旅行によく行ったり、新しい携帯(最近高いですよね。)に機種変更したり。しているとの事でした。 私が「どうして?借金地獄だよね それだと」と言うと主人は「えっ?車も現金で買うって言ってたし、ご主人と2人で働いているからお金持ってるんじゃない?」と言われ正直???でした。 私は、今まで結婚して仕事している女性はご主人の給料が安いからか、借金があるから仕方なく働いているとばっかり・・・。 私は、なんだか納得できませんでした。うちは、毎月お金が全然残りません。なので今の貯金は30万円くらいです。私の友達も結婚してからずーっと働いているので聞いてみると「うちお金ないの だから働かなくっちゃ家に居ても暇だし貯金はそんなにしてない500万ぐらい 家のローンを一括返済したから」ってウチはまだまだローンがあるのに・・・。主人に大至急給料上げてもらって!!!と言うと「(私の言っている)意味がわからないしもっと貯金してると思った。それなら○×(←私)も働きに行け」と。もっと貯金してると思ったって手取38万しかもらってないのに無理だと思うんです。毎月全然残らないですし。それに 私が働くなんて考えられません。そのケンカから主人から無視されていて給料をいつから上げてもらえるか わかりません。 どうしたらいいのでしょうか?納得できません。 ・・・・まぁネタでしょうけども。本気で書いているとしたら、いいとこのお嬢さんなんでしょうかね。こういう感覚の人は一般企業のサラリーマンと恋愛結婚すんなと言いたい。金持ちと見合い結婚なさい。旦那が可哀相だから離婚してあげてほしいぜ。うちの母にちょっと似ているけれども、母は働いてますからね(父より母のが給料多いし)「私が働いているのは、生活のためではなく 道 楽 よ 」と言っていたが。
posted by kmenefpjmh at 19:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。